≪モデルの滝沢カレン≫家の事情を独特の言語感覚で赤裸々に語る。

独特の言語感覚が人気のモデル、滝沢カレン(24)が29日放送の読売テレビ「特盛!よしもと」で、滝沢家の事情を赤裸々に語った。

2017滝沢カレン.jpg

滝沢はウクライナ人の父親と日本人でロシア語通訳の母・さゆりさんの間に生まれ、現在は母親と2人暮らし。

父親とは「超ハッピーな生き別れってヤツです。知りもしない。おなかの中にいる時に生き別れ」だという。

母親はウクライナ人好きで、娘に「ウクライナ人は一番いい。何でもバキバキ言ってくれる」とウクライナ人の魅力を力説し、現在もウクライナ人の彼氏がいるという。

ちなみにウクライナ出身の男性としては、PRIDEで活躍した総合格闘家のエメリヤーエンコ・ヒョードルやイゴール・ボブチャンチンがいる。

おばあちゃんっ子という滝沢は、祖母が編み出した好物の「生卵サイダー」をスタジオで「ウチで当たり前のように行っている」と実作。

生卵に常温のサイダーを注ぐドリンクで、見た目も味も気に入っているといい、風呂上がりに飲んでいるという。

他にも「肉は年に1回しか食べてはいけない」「トイレのドアは閉めない」といった滝沢家の独自ルールを紹介。

また、はまっているという四字熟語では今田耕司を「独身番長」、藤本敏史を「突如顔面」と命名し、ダイアン・西澤裕介には「言いたい放題」と、もはや四字熟語ではなくなっていた。

================================================
LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
1492611315237.jpg

この記事へのコメント